UCL (University College London)のご紹介

今回は入学してから大分時間が経ってしまいましたが、私が通っているUCLについてご紹介させて頂きます。

【目次】
1.UCLとは
2.UCL School of Managementとは

 

1.UCLとは

1826年に設立されたイギリスの総合大学です。学部生、大学院生と合わせて約38,000人が在籍しており、ラッセルグループ※の中核を成す大学の一つです。
※イギリスの研究型公立大学24校で構成される大学グループでイギリス国内における大学助成金の2/3以上がこれらの大学に割り当てられているそうです。

これまでに、卒業生や教員から29名のノーベル賞、3名のフィールズ賞受賞者を輩出しており、イギリス及び海外での知名度は高い様です(日本でUCLと言っても知っている方は殆どおりませんでしたが…)。日本も明治維新の頃に、初代内閣総理大臣の伊藤博文を始め、近代日本の礎を築いた人物がイギリスの立憲君主制(結局はドイツのプロイセンに習うことになりますが)をUCLで学んだそうで、キャンパス内にもそれを記録した石碑が残っておりました。当時のイギリスでは宗教や人種の差別が根強く、多くの大学が日本人の受け入れを拒否した中、UCLが受け入れてくれたそうです。
◆University College London
https://www.ucl.ac.uk/

memorial stone
◆キャンパス内の石碑

キャンパスはBloomsbury(ロンドン中心部、最寄駅:Euston)とCanary Wharf(ロンドンの東側、第二の金融街)にあります。基本的に、School of Management(所謂ビジネス関連のコース)の授業がCanary Wharfで行われ、それ以外はBloomsburyで行われます。

UCL Bloomsbury campus
◆UCL Bloomsbury Campus
one Canada square
◆Canary Wharf Campus(One Canada Squareというオフィスビルの38-39F、写真中央)
view from level 38
◆38Fからの景色(HSBC、Citi、Barclaysに囲まれており、本当に金融街の真ん中です。通勤している気分になります…)

 

2.UCL School of Managementとは

UCLの中でもビジネスに特化したコースが集まった学部です。大きくはManagement、Business Analytics、Finance、Entrepreneurshipの4つに分けられます。今年の入学生は合計500名で、Managementが約250名と最大勢力を誇り、残りの250名を3つのコースで凡そ均等に割った様なイメージです(Entrepreneurshipで私を含め85名が入学しました)。入学式で紹介があったのですが、今年は約7,000名の出願があった中での500名なので、倍率14倍と中々の競争率でした。また、学生の国籍も88か国(うろ覚えですが)とかなりの多様性に富んでおり、年齢も21歳~40代後半と幅広く、男女比はほぼ1:1でした。

そんな中、一番多い人数を占めるのは、イギリスやヨーロッパの国ではなく中国でした。一方で、日本人は3名(もしかするともう少しいるのかもしれませんが…)と圧倒的なマイノリティーです笑。Entrepreneurshipのコースに関しては初めての日本人の学生だそうです(そんな中で、私含め今年は2人も日本人がいるので、Program Directorから驚かれました)。中国人の友人に聞いた所、UCLはQS World Rankingで上位に入り、他のイギリスの大学(Cambridge、Oxford、LSE、ICL)と比べ募集人数も多く入りやすい為、かなり人気なのだとか(実際にUCLの受験生の半数近くが中国人とのこと)。中国で大手の会社で職を見つけようとすると、何等かのRankingでTop10入りしないと難しいのだとか。いやはや、人口約14億人(世界人口の1/6以上)もいる中で競争となると、相当大変なのだろうなと話を聞いていて感じました。

◆QS World Ranking
https://www.topuniversities.com/university-rankings/world-university-rankings/2020
◆School of Managementのサイト
https://www.mgmt.ucl.ac.uk/

welcome session
◆入学式の風景
gifts from ucl
◆色々と粗品を貰えました(Mobile Batteryは日本から持ってくるのを忘れ、前日に購入していたので少し落ち込みました…笑)

 

思った以上に忙しく(私の英語力の問題だと思いますが)、全然タイムリーに更新出来ておりませんが、次回は私が所属するEntrepreneurshipのコースについてご紹介させて頂きます。

◆次の記事を読む!(UCL MSc.Entrepreneurshipのご紹介)

役立ったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の元銀行マンです。(ハンズオン型の)投資家になりたいと考えています。その準備として会社を退職して、2019年9月から英国の大学院(University College London)で1年間Entrepreneurshipについて学びます(遠回りなことしているなと思われるかもしれませんが…)。金融関連や海外大学院留学にあたって得られた知識と、留学期間中に得られた知識の備忘録も兼ねて情報発信していければと思います。 【略歴】私大理系卒(物理学専攻)⇨国立大学大学院卒(社会工学専攻)⇨銀行勤務(M&A、資本政策)⇨グループ証券会社出向(エクイティ・キャピタル・マーケット)⇨英国大学院(MSc. Entrepreneurship専攻)⇨ヤフーギグパートナーの事業プランアドバイザー⇨宇宙系スタートアップのファイナンス担当者(現在)